税理士への相談内容

税理士にとって会社設立にかかる業務は本業ではないのですが、多くの税理士は会社設立後も顧問契約を結んでくれることを条件に、会社設立の費用を割引価格で提供しているのです。その結果、個人で会社設立するより税理士に依頼するほうが費用は安くなる場合も多くなっています。

税理士の本業は日々の税務対策にありますから、顧問契約を結ぶと毎月の記帳代行や、申告書類の作成や提出作業、税務調査対応まで受け持ってくれます。なかには給与計算や年末調整など、会社設立後に関連する業務内容も受け持ってくれるところがあります。また、融資関連の資金調達支援などもあるため、幅広い対応が可能です。

税理士と顧問契約を結ぶと、売上を伸ばす相談ができます。それぞれの会社の規模に合わせた相談が可能となっており、年に何度か監査しながら税務対策から経営のアドバイスまで対応しています。無駄な経費の削減から、節税対策まで受けることが可能となり、最終的に会社に多くお金を残す対策ができます。

税理士というと税金の申告や記帳代行の仕事がおもだと思われがちですが、実際には会社経営の多くに関わり、必要であれば弁護士の紹介なども対応しています。会社設立時だけでなく長くお付き合いできるのが税理士の仕事なのです。