税務関係の仕事

会社設立で税理士に相談や依頼をする場合、税理士がどのような業務を担当しているのか知っておきましょう。まず会社設立の手続きすべてを代行してもらうことが可能となり、会社設立にかかる面倒な作業の相談にも乗ってくれます。会社設立自体の手続きはそれほど時間がかからず、税理士に依頼すれば数日程度で完了します。しかし、会社設立の準備段階で、定款の内容等を決めなければならず、この部分に不安があるなら税理士に相談しながら一緒に進めていくことも可能です。

税理士の仕事は、税務代理、税務書類の作成、税務相談と3つ業務が基本となります。会社運営で関係する税務を助けるのが税理士のおもな仕事となり、どれだけ節税対策をすべきか、支払う必要がある税金はいくらかなどの対応が可能です。会社設立後は個人事情主とくらべて提出する書類も多くなることから、業務に支障がないよう税理士に依頼する会社が多くなっています。さらに税理士は申告書類を作成し提出してくれるのです。税金の申告や支払いは国民の義務となっており、税理士は重要な仕事といえるのでしょう。

また、会社設立後に発生した相続税対策、万が一税務調査があった場合の対応など、税金関連の業務が可能です。