会社設立の相談

会社設立の相談を誰にしてよいのかわからない、そのような悩みを持つ方もいるでしょう。会社設立にはいろいろな手間がかかるため、一人ですべてをこなすのは大変なことなのです。まず、誰に相談すべきなのかの詳細の前に、会社設立を一人でやる場合の手間と費用を確認しておきましょう。

会社を設立するにはさまざまな準備が必要です。事業計画の作成から、法人印の作成、会社設立要項の決定などが必要となります。会社設立は定款を作成して認証してもらわなければならず、公証役場に申請しなければなりません。その際の設立登記申請書の作成から、印鑑証明書の取得、資本金の振り込みなどの手続きも必要となるでしょう。最後に法務局への申請を終えて会社設立となります。事業内容を考えたり書類を作成したりと、はじめて会社設立する人にとって何から作業を開始していいのかわかりにくいはずです。

そのような相談に答えることができるのが税理士の役割となっており、相談受付から会社設立のサポートまで幅広く受け持ってくれます。また、会社を設立するには、会社名や本店所在地、会社設立日や決算期などの詳細も決める必要があります。詳しい知識が無い人にとってすべて自分のみで調べるのは限界があるでしょう。また、作成する書類に1つでも不足があればまたやり直しとなり、多くの手間がかかってしまいます。そのような不安を抱える方のために、当サイトでは会社設立時に税理士への相談や依頼をどこまですべきか紹介します。