税理士への相談内容

税理士にとって会社設立にかかる業務は本業ではないのですが、多くの税理士は会社設立後も顧問契約を結んでくれることを条件に、会社設立の費用を割引価格で提供しているのです。その結果、個人で会社設立するより税理士に依頼するほうが費用は安くなる場合も多くなっています。

税理士の本業は日々の税務対策にありますから、顧問契約を結ぶと毎月の記帳代行や、申告書類の作成や提出作業、税務調査対応まで受け持ってくれます。なかには給与計算や年末調整など、会社設立後に関連する業務内容も受け持ってくれるところがあります。また、融資関連の資金調達支援などもあるため、幅広い対応が可能です。

税理士と顧問契約を結ぶと、売上を伸ばす相談ができます。それぞれの会社の規模に合わせた相談が可能となっており、年に何度か監査しながら税務対策から経営のアドバイスまで対応しています。無駄な経費の削減から、節税対策まで受けることが可能となり、最終的に会社に多くお金を残す対策ができます。

税理士というと税金の申告や記帳代行の仕事がおもだと思われがちですが、実際には会社経営の多くに関わり、必要であれば弁護士の紹介なども対応しています。会社設立時だけでなく長くお付き合いできるのが税理士の仕事なのです。

税務関係の仕事

会社設立で税理士に相談や依頼をする場合、税理士がどのような業務を担当しているのか知っておきましょう。まず会社設立の手続きすべてを代行してもらうことが可能となり、会社設立にかかる面倒な作業の相談にも乗ってくれます。会社設立自体の手続きはそれほど時間がかからず、税理士に依頼すれば数日程度で完了します。しかし、会社設立の準備段階で、定款の内容等を決めなければならず、この部分に不安があるなら税理士に相談しながら一緒に進めていくことも可能です。

税理士の仕事は、税務代理、税務書類の作成、税務相談と3つ業務が基本となります。会社運営で関係する税務を助けるのが税理士のおもな仕事となり、どれだけ節税対策をすべきか、支払う必要がある税金はいくらかなどの対応が可能です。会社設立後は個人事情主とくらべて提出する書類も多くなることから、業務に支障がないよう税理士に依頼する会社が多くなっています。さらに税理士は申告書類を作成し提出してくれるのです。税金の申告や支払いは国民の義務となっており、税理士は重要な仕事といえるのでしょう。

また、会社設立後に発生した相続税対策、万が一税務調査があった場合の対応など、税金関連の業務が可能です。

会社設立の相談

会社設立の相談を誰にしてよいのかわからない、そのような悩みを持つ方もいるでしょう。会社設立にはいろいろな手間がかかるため、一人ですべてをこなすのは大変なことなのです。まず、誰に相談すべきなのかの詳細の前に、会社設立を一人でやる場合の手間と費用を確認しておきましょう。

会社を設立するにはさまざまな準備が必要です。事業計画の作成から、法人印の作成、会社設立要項の決定などが必要となります。会社設立は定款を作成して認証してもらわなければならず、公証役場に申請しなければなりません。その際の設立登記申請書の作成から、印鑑証明書の取得、資本金の振り込みなどの手続きも必要となるでしょう。最後に法務局への申請を終えて会社設立となります。事業内容を考えたり書類を作成したりと、はじめて会社設立する人にとって何から作業を開始していいのかわかりにくいはずです。

そのような相談に答えることができるのが税理士の役割となっており、相談受付から会社設立のサポートまで幅広く受け持ってくれます。また、会社を設立するには、会社名や本店所在地、会社設立日や決算期などの詳細も決める必要があります。詳しい知識が無い人にとってすべて自分のみで調べるのは限界があるでしょう。また、作成する書類に1つでも不足があればまたやり直しとなり、多くの手間がかかってしまいます。そのような不安を抱える方のために、当サイトでは会社設立時に税理士への相談や依頼をどこまですべきか紹介します。